焼身自殺方法 焼身自殺の死に方 焼身自殺で死ぬ方法 焼身自殺で死にたい

 焼身自殺の知識集です。焼身自殺で死にたい人へ、これらをよく読めば、焼身自殺に関して博識になれると思います。




 ☆新幹線の中で焼身自殺を遂げて死んだ老人の自殺を報じるニュース
新幹線の中で焼身自殺を遂げた老人のニュース

 ☆炎の画像。熱い(´∀`)~!
炎


焼身自殺の方法及び焼身自殺の知識について

焼身自殺は苦痛を伴う。
 
焼身自殺は影響力が大きい。
 
世間に何かを訴えたい場合の焼身自殺を選択することが多い。
 
焼身自殺の手間は大変。
 
準備するものはライターとガソリン等の火に関する物。
 
物凄い激痛と灼熱感を感じながら死ぬことになる。
 
意識喪失や狂乱状態に陥るかもしれない。
 
即死は絶対にしない。
 
病院に運び込まれてから死ぬことになるだろう。
 
皮膚の3分の1以上が壊死すれば50%の確率で死ぬことになる。
 
皮膚の3分の2以上が焼身すれば、ほぼ確実に死ぬことになる。
 
死に切れない場合、その後の人生は地獄です。
 
焼身自殺の致死度→超高い。パチスロの赤文字表示の当選確率くらい高い。
 
焼身自殺の苦痛→地獄の苦しみ。
 
焼身自殺の死後の見た目とは
 
皮膚は溶ける。最終的に生き残れば皮膚移植を行うことになる。
 
ガソリンや灯油、軽油 引火性の高い油を浴びる。
 
チャッカマン、マッチ、タバコ等が必要。
 
火災と損傷について
 
焼身自殺を図った場合の主要な死因は火傷であり、煙による窒息死。火災などによる焼死に多い直接死因がこれである。
 
全身の大部分の皮膚が火傷して喪失することで、人体から急激に水分が流失して脱水症状による衰弱死、救急搬送、緊急搬送。
 
医師の多くは火傷の範囲とその原因を聞いて救命するかどうか決める。
 
搬送された自殺未遂者は集中治療室で輸血される。
 
皮膚移植、積極治療を施す選択自体が放棄される。
 
臨終まで意識が明瞭なまま死んでいく為、別れを済ませるチャンスはある。
 
焼身自殺未遂者は死ぬまでに時間がかかるので後悔しまくるらしい。
 
肉体的苦痛以上に精神的苦痛が他の手段に比べて高い。
 
自殺を選択する場合であっても、焼身自殺は選択すべきではない。
 
焼身自殺は抗議行動の手段としてしばしば採用される。
 
皮膚を100%火傷しても即死は不可能である。
  
半日程度もがいた後に、ようやく死ねるらしい。
  
死に切れなかった場合の後遺症は凄まじく悲惨である。
 
精神病患者が焼身自殺をすることが多い。
 
年間約700人が焼身自殺で亡くなっているか、焼身自殺未遂者になる。
 
精神障害者が焼身自殺を勢いで行うことが多い。
 
全身の20%の皮膚を火傷しただけで、全身性のショックを受ける。
 
死ぬ為には全身ガソリンまみれになる必要がある。
 
2~3ℓの灯油で炭化して原型を留めなかった女性もいる。
 
万全を期した場合、やはり5リットルは必要かな。
 
黒焦げの死体となって死ぬ。
 
火は二時間以上経過しても、まだ消えないらしい→人間の油が燃えるから。
 
室内で焼身自殺する場合には、下に耐熱マットを敷いて死のう。
 
うつ伏せで燃えるか、仰向けで燃えるか。
 
焼身自殺に適した場所はどこか?→やはり屋外であろう。室内だと火事になるから無理。
 
パニック状態に陥らない為に、事前に覚悟をしておこう。
 
家ごと燃やしてしまわない為に、やはり屋外が適切かもしれない。
 
自分が燃えている姿を他人に見せて死ねることが、最大のメリットらしい。
 
学校のグラウンドなら、延焼する心配もないので、夜とかどうかな?
 
焼却炉の中に入り焼身自殺した人もいたらしい。
 
火葬場の火葬炉の中で、死んだふりをして焼身自殺する手段もある。
  
なるべく苦痛の少ない自殺手段を選びたいならば、焼身自殺は絶対にダメ!
 
火の勢いは想像以上に激しい。
 
点火すれば、2~3mも火柱が上がることもある。
 
激痛と灼熱感により、耐えきれずに地面を転げ回ることもある。
 
周囲は人肉の焦げる臭いで一杯になる。
 
狂乱状態になったり、ショック死してしまうこともあるが、大抵、意識明瞭である。
 
気管は熱気を吸入して熱傷を起こすが、発声も可能らしい。
 
衣服が燃え尽きれば、やがて火は消えてしまうらしい。
 
病院で身動きもできずに苦痛を味わいながら死ぬことになる。
 
半日から24時間、あるいは数日から10日ほど経過してようやく死ねる場合もある。
 
焼身自殺による死因はショック死や酸欠、高熱による重要な臓器の熱凝固による。
 
焼身自殺の死体状況について→皮膚が弾けて赤い肉が覗く。
 
焼身自殺の死体の惨たらしさは、鉄道自殺に次ぐものであろう。
 
全面的に炭化し死亡する。髪の毛は焼失する。
 
皮膚が炭化しても肉は焼けにくい。
 
壊死していない皮膚には水泡が出来て、その色は茶褐色、黒色に変化する。
 
目の角膜は白く濁り、赤い舌を突き出している。
 
ケロイド(皮膚が赤く盛り上がった火傷痕)地獄に陥る。
 
一命を取り留めた場合、顔や全身に派手な火傷跡を残して生き延びねばならない。
 
とある焼身自殺未遂者の場合、全身ケロイドだらけとなった。
 
5回の顔面整形手術をしてもケロイドは消えず、唇もなくなり口を大きく開けることも不可。
 
皮膚移植にかかる治療費も莫大な額になる。
 
十分に致死度の高い自殺手段が焼身自殺。
 
焼身自殺者が遺書を書く方法→焼身自殺してからでは無理なので、事前に書いておく事。
 
焼身自殺の被害者への損害賠償について→屋外ならばゼロだろうが、賃貸物件の室内で行った場合には、莫大な損害賠償が発生する。
 
呼吸困難に陥り死亡する焼身自殺方法→自分の周りが燃える→周りの酸素が無くなる→呼吸が出来ない→声を出せない。
 
焼身自殺のせいで延焼する可能性について→大いにあり得る。延焼させない為には、周囲に何もない場所で焼身自殺すること。
 
立って焼身自殺した場合、頭部が一瞬で炎に包まれる。
  
煙の中には一酸化炭素が豊富にあるから、一酸化炭素中毒で意識を失う。
 
煙の量が少ない場合は、一酸化炭素中毒にはならないから苦しむ。
 
差別に抗議する目的で、周りにインパクトを与える為にやる。
 
精神異常だから焼身自殺で死ぬ。
 
焼身自殺を図ってから死ねるまで何分程度かかるのか?→10分程度。
 
焼死体は炭のようになって死ぬ。
 
脂肪は燃えて溶けてしまうが、原型は残る。
 
人間の身体は半分以上が水分なので、焼身自殺しても、十分に水分が消えないので残る。
 
集中治療室に入り面会謝絶だという。
 
焼身自殺時に準備するものは?→灯油かガソリンは必須。あとはマッチかな。
 
衣類にしっかりと燃料を沁み込ませること。
 
ポリタンクはガソリンや灯油類の燃料の運搬に必要である。
 
焼け爛れた顔には、まつ毛は無くなっている。
 
医者は焼身自殺未遂者に名前を問う。
 
救急室には直接は入れない。まず、その前に、衣服をはぎ取る。
 
死滅した皮膚をはぎ落す。この間、痛みの訴えは殆どなかった。
 
火傷が深くなると痛みを感じる神経も焼け焦げてしまうから、痛みを感じなくなる。
 
皮膚は最大の臓器→体の中の水分を外に逃がさない役目があるから。
 
皮膚が全身破壊されたら、どうなるか?
 
体内の水が急速に蒸発していく。
 
水と一緒に体温も奪われていく。
 
ワセリン軟膏とシリコンガーゼを張り付けて、厚めのガーゼで覆って保温、保湿をする。
 
温めた点滴をどんどん入れる→水分はそれでも失われていく。
 
とても焦げ臭いので、ICUの個室に入れられた→他の患者や家族に迷惑だから。
 
個室では窓を全開にして、大型扇風機で空気を外に逃がした。
 
救命確率はゼロ、或いは、ほぼゼロ。
 
焼身自殺は、死ぬまでの数時間、後悔する時間がとてつもなく長いことで有名なのだ。
 
身体中に酷い痕が残っている。
 
全身40%の熱傷、入院中で、膝も完全に曲がらず、首を上に向けることもできない。
 
火傷痕の痛み、痒み、関節の曲げ伸ばしの後遺症がある。
 
顔は1年ほど経過観察の後、再手術の予定。
 
全身に残った傷痕は勿論、後遺症もキツイ。
 
傷痕の痛みと痒みは一向に治まらないし、両足が痺れて数時間しかじっと立っていられない。
 
この痺れは一生治らないかもしれないと医者に言われた。
 
顔も焼けたので口の下は硬くなり、腫れあがって、大きく口を開けられない。
 
10か月経過し、両足の痺れは少しマシになってきた。傷痕の痒みは相変わらず酷い。
 
口の周りの手術が大変。
 
四割熱傷、二度から三度の混在で、調整も含めて6回の植皮手術を受けた。
 
なぜちゃんと死ねなかったのだろう・・・という気持ちになるらしい。
 
熱すぎて叫んだら、口の中や喉、気管まで焼けてしまった。
 
火傷の痕は消えないな・・・口の中は割と直ぐに治った。
 
一番最後まで意識があって苦しみ続けるのが焼身自殺である。
 
焼身自殺は簡単には死ねない。
 
熱傷を負っても簡単に心臓は止まらない。意識もあり続ける。
 
自分の身体が黒焦げになり、手も指も炭のようになっているのが認識できる。
 
何度手術を繰り返しても、絶対に元の綺麗な皮膚には戻れない。
 
焼身自殺は自己の重大な過失による外傷なので、原則的に健康保険は使用不可です。
 
救急救命センターに入院すれば、入院費が最高で一か月で1000万円になることもある。
 
数か月に及ぶ治療費が2000万円にもなり、両親が家を売り払った症例もあった。
 
懸命に治療をしたが、命を救えず、治療費の借金だけが残った症例もある。
 
焼身自殺は動物の丸焼きと同じようになる。
 
一部のみ激しく焼けて、両下肢の切断となった患者もいた。
 
とにかく、身体の損傷が一番激しい死に方の一つだ。
 
自宅や建物の中で焼身自殺をすれば、延焼し火災になる。
 
自殺による火災には、保険は下りない。
 
高額の損害賠償請求が待っている。
 
残された家族は高額の治療費の他に、自殺の巻き添えで火災の被害に遭った人から莫大な金額を請求される。
 
火災で他人を巻き添え死させてしまったり、消火作業で消防士が殉職するかもしれない。
 
全身大火傷で生き残ると、一生涯、その傷は元には戻らない。
 
 
焼身自殺の夢の解説
 
人生が急展開するような出来事が起きる暗示です。
 
急展開の先にはとても明るい未来が訪れる事を表します。
 
しかし、焼身自殺をして火の熱気が印象に残っている夢であれば、特定の人物であったり、物事に対して強い憤りを感じて、その気持ちを発散できずにいる暗示となる。
 
その物事に大きなストレスが溜まっている状態という意味。
 
焼身自殺をしている人を見ている夢であれは、自分がコントロールしたい、支配したいと思う相手がいる暗示である。好意を寄せている相手や、恋人を自分だけのものにしたい気持ちが強い事を表します。


続・焼身自殺の知識
 
死因は煙にまかれるよりも、全身に火傷を負って皮膚呼吸が出来なくなって窒息死すること。
 
死ぬまでの間、苦痛にのたうち回るので、鎮静と麻薬を必要とする。
 
火傷面積が80%を超えるようなものばかりなので、数日間は生存することが多い。
 
焼身自殺は圧倒的に男性が多い。
 
原因としてリストラや経済苦(50代以上が多い)とか、失恋(20代が多い)がある。
 
一日20リットル近くの輸血によるパンパンなムクミと共に死ぬ。
 
焼身自殺は極めてメッセージ性の高い自殺方法である。
 
肌が焼けていくのを感じながら死んでいく最も辛い死に方らしい。
 
焼身自殺ブームが過去にあった。
 
灯油単体で燃やしても、まず燃えない。衣類に沁み込ませることが重要である。
 
服に5リットル以上は沁み込ませたい。
 
皮膚を100%火傷しても即死不可能。
 
病院に担ぎ込まれても、手の施しようがなく、放置プレー。
 
半日程度もがき苦しんだ後、ようやく死ねる。
 
全身ケロイドになり、唇が無くなり口が開かない。
 
手足が収縮して、動かすと激痛が走る。
 
皮膚移植代も馬鹿にならない。
 
痛みや苦しみを感じながら死ぬ究極の自殺方法。
 
焼身自殺者の心理とは?
 
無理心中で焼身自殺で死ぬケースがある。
 
虐められて焼身自殺したケースもあった。
 
口元が火に覆われるので、酸素を取り込めなくなり、窒息死で死に至る。
 

焼身自殺を希望する自殺志願者達の願望
 
一番楽に焼身自殺で死にたい。
 
楽に焼身自殺して死にたい。
 
簡単に焼身自殺して死にたい。
 
今すぐに焼身自殺で死にたい。
 
寝ながら焼身自殺して死にたい。
 
早く焼身自殺して死にたい。
 
苦しまずに焼身自殺して死にたい。
 
痛みを感じずに焼身自殺して死にたい。
 
確実に焼身自殺して死にたい。
 
即死で焼身自殺して死にたい。
 
迷惑かけずに焼身自殺して死にたい。
 
安楽死で焼身自殺して死にたい。
 
痛みの少ない焼身自殺方法で死にたい。
 
少ない苦痛の焼身自殺方法で死にたい。
 
苦痛なく焼身自殺して死にたい。
 
一瞬で焼身自殺して死にたい。
 
誰にでも出来る焼身自殺方法はない。燃料の用意とか、大変だから。
 
一番苦しまない焼身自殺方法なんてない。全て苦しいから。
 
苦しまずに焼身自殺で死にたい。
 
痛みを感じずに焼身自殺して死にたい。
 
最も楽に焼身自殺で死にたい。
 
綺麗に焼身自殺して死にたい。
 
安らかに焼身自殺して死にたい。
 
安らかに焼身自殺して逝きたい。
 
少ない苦しみで焼身自殺で死にたい。
 

結局、苦しみばかりの最期になるまで、焼身自殺など、絶対にお勧めできない自殺方法だ。

 
他の自殺方法と焼身自殺方法の比較
 
首吊り自殺と焼身自殺の比較
 
 首吊り自殺の方がまだマシであろう。延焼の可能性もないし、苦痛も焼身自殺に比べれば、短時間で済むから。
 
練炭自殺と焼身自殺の比較
 
 
練炭自殺の方が焼身自殺よりもマシだ。なぜなら、たとえ生き残ったとしても、焼身自殺未遂者の苦しみよりかは楽だろうから。
 
飛び降り自殺と焼身自殺の比較
 
 飛び降り自殺も生き残れば最悪クラスの重度の身体障害を負うので、焼身自殺と共に最悪な自殺の方法だ。しかし、即死できる可能性があるという点からすれば、焼身自殺よりも遥かによい。苦痛を感じずに済む可能性があるからだ。
 
飛び込み自殺と焼身自殺の比較
 
 飛び込み自殺は電車にはねられて瞬時に死ねる可能性はあるものの、鉄道会社及び利用客に多大なる迷惑をかけるので、迷惑度に関して言えば、多少は焼身自殺の方がマシかもしれない。しかし、新幹線の中で焼身自殺するようなバカもいるので、どっちもどっちであろう。
 
入水自殺と焼身自殺の比較
 
 入水自殺の場合、水死体が直ぐに発見されるとは限らない。故に、ブヨブヨの腐乱した水死体として発見されたら、葬式がしずらい。しかし、焼身自殺者の死体も、別の酷さがある。とても焦げ臭いので、やはりどっちもどっちである。
 
服毒自殺と焼身自殺の比較
 
 服毒自殺は、医療従事者や研究者ならば致死率の高い青酸カリ等の毒物を入手可能であろうが、一般人が劇薬を入手は出来ないであろう。故に、自然界に存在する毒草とか毒キノコとかフグ毒とかヒョウモンダコとかの毒性に頼るしかないのかもしれない。しかし、当然のことながら、けっこう苦しいだろう。即死は不可能だろうから。

 しかし、焼身自殺してから死ぬまでの数日間にわたる地獄の苦しみに比べれば、多少は生易しい苦しさなのかもしれない。

服薬自殺と焼身自殺の比較
 
 服薬自殺方法は、多分、現代人は無理であろう。昭和初期とかなら、比較的、大量摂取することにより簡単に死ねる薬品が販売されていたのだが、近年のクスリは安全性が飛躍的に高まってしまっているので、多分、大量に飲んでも死ねないであろう。

 まあ、だから、助かる見込みが高いという観点からすれば、焼身自殺よりも服薬自殺の方がよりマシであろう。
 
睡眠薬自殺と焼身自殺の比較
 
 睡眠薬も現代のクスリの一員なので、もう、多分、睡眠薬自殺は不可能だと思う。睡眠薬を大量に摂取しても、死に切れずに身体障碍者になり終了であろう。しかし、やはり焼身自殺に比べれば、健常者として復帰できる確率はとても高い筈だ。
 
排ガス自殺と焼身自殺の比較
 
 最近の自動車は、とても排ガスがクリーンなので、中々死ねないらしい。しかし、20年前とかの中古車ならば、とても汚い有毒なガスを大量にまき散らすらしいので、死ねるらしい。焼身自殺の苦痛と比較して、どの程度の苦しみが死ぬまでの過程で襲ってくるのかは不明であるので、なんとも言えない。
 
その他のガス自殺と焼身自殺の比較
 
 ヘリウムガス自殺とか硫化水素自殺と比べたら、焼身自殺はど派手なので、派手さで目立ちたいのならば、そりゃ、焼身自殺一択でしょう。しかし、硫化水素自殺も、第一発見者も含めた他人に大迷惑をかけるという点で、焼身自殺と互角の迷惑度でありましょう。
 
感電自殺と焼身自殺の比較

 感電自殺で死ぬ人はとても少ない。焼身自殺で死ぬ人もとても少ない。これは、人気の全然ない無名チーム同士の試合みたいな感じです。しかし、感電自殺の方は、上手くやれば瞬時に死ねるので、やはり安楽死できる度合いで言えば、感電自殺の方が上手でありましょう。

刃物自殺と焼身自殺の比較
 
 刃物自殺、つまりナイフや包丁やカッターナイフを使用した自殺方法でありますけど、これはとても痛い。事前に麻酔を打ってから、刃物で自分の身体を切り付ける者はいないでしょう。なので、切る痛みと焼ける痛みの対決ですが、私はどっちも嫌です。
 
その他の自殺手段と焼身自殺の比較

 その他の自殺方法としましては、まあ、塩酸のタンクに飛び込むとか、溶鉱炉に飛び込むとかがありますけど、それらは、グリーンベレーの隊員とかでない限りは、工場内には侵入不可能だろうから、無理でしょう。劇薬製造工場の作業員とか、鉄鋼会社勤務とかでない限りは、無理です。

 まあ、焼身自殺の地獄の苦痛に比べれば、大抵の自殺方法の苦痛など、大したことはないらしい。まあ、俺は大火傷もしたことはないので、真相は不明ですが。



焼身自殺の画像集。焼身自殺者の画像集。

 ☆焼身自殺して死んだ外国人の妊婦の黒焦げになった死体
焼身自殺者の黒焦げになった酷い見た目のグロテスク死体画像

 ☆灯油を被って死んだ、黒焦げになって死んだ妊婦の、黒焦げの焼身自殺死体
肉が焼け焦げた焼身自殺者の黒焦げの炭化グロテスク死体画像


 ☆焼身自殺者を介抱するところ
消火器で鎮火・消火された後の焼身自殺者の死体

☆消火剤が撒かれて鎮火済みの焼身自殺現場
消火済み・鎮火済みの消火剤まみれの焼身自殺者の遺体

☆鎮火されて消火された焼身自殺者が燃えた現場
焼身自殺が起こった現場の、消火済みの現場

 ☆まだ燃えている最中の焼身自殺者の身体
焼身自殺して炭化した女

 ☆焼身自殺を図った者が人生の最期を迎えているところ
焼身自殺で所々火傷を負ったが死ななかった焼身自殺未遂者

 ☆焼身自殺者が倒れてまで燃えているところ
焼身自殺で炭化死体と化した自殺者の遺体

 ☆暖炉の中に入って焼身自殺しようとしていた女を救助する風景
焼身自殺を試みた自殺志願者

 ☆中国か韓国の焼身自殺現場
焼身自殺を図ったが生き残った焼身自殺未遂者

 ☆死を待つだけの焼身自殺未遂者。もうすぐ焼身自殺者になるよ。
焼身自殺を図って緊急入院して治療を受けている自殺未遂者

 ☆燃えている最中の焼身自殺者。後悔しているのかな?
焼身自殺を図って地面に伏している焼身自殺者

 ☆全身包帯でグルグル巻きの焼身自殺未遂者。多分、もう死を待つだけ。
焼身自殺を図り、全身火傷で包帯だらけで入院している様子

 ☆アッチッチーと燃え盛りながら踊り狂っている最中の様子
焼身自殺を遂げている自殺者の死んでいく様子

 ☆倒れつつ燃えている焼身自殺者
焼身自殺を遂げて黒焦げになって死んだ自殺者の死体

 ☆鎮火したけど、炭化して木みたいに動かなくなった黒焦げの人体
焼身自殺を遂げて座ったまま固定して死んだ焼身自殺死体

 ☆灯油かガソリンを入れていた、お馴染みの真っ赤なポリタンク
焼身自殺者が使用したガソリン・灯油の赤いポリタンク

 ☆もう死んでしまった焼身自殺者の死体
焼身自殺者の炭化自殺死体

 ☆消防隊が鎮火作業をしている最中の、焼身自殺現場の光景
焼身自殺者の燃え盛る炎の様子


☆焼身自殺なんて、絶対にするなよ、痛くて苦しいから。たとえあなたがマゾであっても、焼かれる痛みが好きな人はいないであろうから☆